健康保険で受けられる訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)・宇都宮市・鹿沼市
主治医の同意書の様式のダウンロードはこちら。健康保険が使える訪問マッサージを利用するには、必ず主治医の同意書が必要です。ご自身(患者様)の主治医に確認下さい。脳梗塞後遺症、骨折等の退院後の、やむを得ず外出が困難で安静が必要な方、在宅療養中で歩行が困難、歩行不可能で通院する事が出来ないと言う方が対象となります。わからない方は、0120-639-133栃木ウェルフェアサービスまでまでお気軽にお問合せ下さい。
栃木ウェルフェアサービストップページへ
お知らせ・新着情報
栃木ウェルフェアサービスのスタッフ紹介
栃木ウェルフェアサービスの寄せられるよくあるご質問と答え
栃木ウェルフェアサービスのご利用者のお喜びの声
栃木ウェルフェアサービスの施術料金と高h痛日のご案内
栃木ウェルフェアサービスへのお問い合わせはお気軽に
訪問マッサージの栃木ウェルフェアサービスのサービス対応エリア:栃木県、宇都宮市、鹿沼市、壬生町、下野市、高根沢町、上記エリアに無い地位でも対応可能な場合がありますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。健康保険で受けられる訪問マッサージ「栃木ウェルフェアサービス」0120-639-133〒320-0855 栃木県 宇都宮市上欠町1231-121

訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)の栃木ウェルフェアサービスからのお知らせ・新着情報


2018年1月18日(木)
●新年のご挨拶もすっかり遅くなってしまいましたが、本年も宜しくお願い致します。
お久ぶりです。
栃木ウェルフェアサービスの高井です。

皆様お元気でしたか?

新年のご挨拶もすっかり遅くなってしまいましたが、本年も宜しくお願い致します。
本年も我が家の猫日和にお付き合いいただければ有難いです。

さて、我が家は今年猫用コタツを買いかえました。

なぜか必ず3年目に我が家の猫用コタツは壊れてしまうのです。
たまたま今年が3年目だっただけなのですが…。

それがないと我が家の三毛猫は大パニックです。
コタツ=いつでも暖かいはず冷え性の彼女には冷たいコタツなどありえないのです。

寒いと気の毒なので動物用湯たんぽを用意して眠りについたのですが、深夜1時間ごとに枕元に現れてはヒンヤリ肉球攻撃で「寒い」と訴え続ける彼女。
すっかり寝不足の私。

翌日、エアコンの下でぬくぬくお昼寝中の彼女を羨ましく思いながら、ペットショップへと車を走らせました。
正月早々寝不足で不機嫌な私。
新しいコタツをゲットして上機嫌な彼女。

心なしか彼女の顔が笑顔に見えてくるのでした。

ちなみに彼女が数回しか使用しなかった湯たんぽは、彼女の代わりに私がお湯をいれて毎晩使っています。
猫用でもやっぱり湯たんぽは最高です!
残念ながら彼女にこの良さは伝わらなかったようですが…。

湯たんぽといえば喉は渇かないし経済的。
我が家では翌朝、湯たんぽのお湯は無駄にすることなく車の窓拭きに使っています。

今日も我が家の三毛猫はちょこちょこコタツから出てきては、水をゴクゴクのんで、さっとコタツの中に戻っていきます。
「誰にもコタツはかさん」と言わんばかりに…。

今年は例年より乾燥しているようなので皆様も加湿器をつけたり、まめにうがいをして適度に水分を補給しながら風邪対策を行って下さいね。



2017年9月13日(水)
●ちょうど去年の今頃、私はお魚くわえたトラ猫に遭遇しました。
こんにちは。お久しぶりです。
栃木ウェルフェアサービスの高井です。

だいぶ朝晩の冷え込みがきびしくなってきましたね。

ちょうど去年の今頃、私はお魚くわえたトラ猫に遭遇しました。
まるで漫画のようですが本当の話です。

お天気のよい日は季節とわずバーベキュー日和!というわけで父が友人達を招いてバーベキューをしていたのですが、その時に鮎の塩焼きを焼いて振る舞う予定になっていました。

美味しく焼けた鮎を皿の上に乗せて猫舌の父はお酒をとりにいったそうです。
さすがに鮎は少し離れた煙の届かない場所で焼いていたので、父が焼き場から離れたわずかなすきにトラ猫が鮎の塩焼きを竹串ごと運んで行ってしまったそうです。

私は、散歩途中にせっせと鮎を寝ぐらに運ぶトラ猫さんと遭遇したわけです。

そのトラ猫はちょうど2匹の子猫の子育て中だったので、おそらくは家族で仲良く鮎に舌鼓を打ったのではないかと思います。けっこう重たかったろうに…。

まさに母は強しですね!

ご近所では子育て上手の母猫で知られている彼女のことなので、父は仕方なく自分の分を我慢して立ち去る彼女を見送ったとのことでした。

実際は漫画のようにさっと走ってにげたのではなく重そうにゆっくり歩いていきましたが…。

皆さんも気分のよい日は、あたたかい格好をしてご近所を散歩してみると思いもよらない体験ができるかもしれませんね。

季節の変わり目、くれぐれも御自愛下さい。



2017年9月6日(水)
●朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。
こんにちは。お久しぶりです。
栃木ウェルフェアサービスの高井です。

朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。

窓を開けると、涼しい風と共に心地よい虫の音が聞こえてきます。
我が家の猫たちも嬉しそうに窓辺に座って虫の音に耳を澄まし、秋の香りを堪能しながら2匹仲良く外を眺めています。

ただ、困ったことに寒さに慣れるまでの数週間、三毛猫が毎晩、数時間おきに私を起こしにやってくるのです。

嬉しさ半分、眠さ半分です…。

茶トラは1度眠ると朝までぐっすりなのですが、三毛猫は寒さに弱いので自分が眠くなるまで何度もやってきては「寒い」とおこすのです。

そんな時は、布団の上掛けをめくって中に入れてやると朝までぐっすり眠ってくれて、なおかつ人間も猫の温もりであたたかく眠れます。

おかげで季節の変わり目でも風邪を引かずにいられるのかもしれませんね。

皆さまもこの時期は、足元に膝掛けや毛布を置いて温度調節をしながら風邪をひかないように注意してくださいね。



2017年6月21日(水)
●いよいよ梅雨に入りましたね?
皆さまお久しぶりです。
栃木ウェルフェアサービスの高井です。

いよいよ梅雨に入りましたね。
我が家の猫達も雨の日は、それぞれのお気に入りの場所でくつろいでいます。

茶トラの最近のお気に入りは、花屋さんからきたダンボール箱です。
その中には自分で運んできたお気に入りのマタタビ枕が入っています。
誰にも渡さないと言わんばかりかかえこんで眠っています。

三毛猫はマタタビにまったく興味がないようなので、いつものお気に入りの座布団の上で大好きな膝掛けにくるまり丸くなって幸せそうにお昼寝をしています。

彼らも人間同様、雨の日は元気がないようです。

私は梅雨の時期、体も心も雨の湿気を吸い込んだみたいに重たく感じます。
そんな時は、お気に入りの入浴剤を入れたぬるめのお風呂でゆっくり温まります。
できれば電気を少しの間消しておくとさらにリラックスできますよ!
冷房を使わなくても湯船につかると体が冷えていることに気付くことも多いはず…。

皆様も自分なりのリラックス方法を見つけて、憂鬱な梅雨を乗りきってくださいね。



2017年4月26日(水)
●花粉症のピークは過ぎましたか?
こんにちは、お久ぶりです。
栃木ウェルフェアサービス高井です。

近頃の我が家は、まさに猫日よりです。
御近所の野良猫さんたちも庭の草の上で気持ち良さそうに昼寝をしています。

そんな彼らを嬉しそうに見つめる我が家の猫たち。
ついつい私の顔も笑顔になってしまいます。

我が家の猫たちは完全家猫なので外のお散歩は人間に抱っこされながらです。
以前、散歩の途中でカラスに襲われたときにも腕の中から得意の猫パンチをくりだしカラスに一撃を加え得意顔でした。
突然の出来事に一緒にいた人間の方が慌ててしてしまいました…。

近頃、散歩に行くと春の風が心地いいのか、彼らは鼻をヒクヒクさせながらクンクンと春の香りを堪能しています。
対照的に私の鼻は花粉症でまったく使い物になりません。

近頃は色々な草花の花粉症に悩む人が増えているとのことで、以前、耳鼻科の先生からアレルギーのある花粉をすいすぎると薬がききにくくなると言われたことがありました。

様々な草花が目を楽しませてくれるこの季節、お出掛けになるときはマスクや眼鏡での対策をお忘れなく。

また、昼間のあたたかさが嘘のように冷え込むこのじき、皆様もご自愛下さい。



2017年4月1日(土)
●花粉症のピークは過ぎましたか?
花粉症のピークは過ぎましたか?

ところで、わたしは持病として喘息と二人三脚をしておりまして常にマスクを着用しています。

この時期、特に患者さんの通院などの外出の前には、患者さんとマスクの骨折りのお話をするのですが、「なかなか顔にフィットするマスクに出会えなくて隙間ができてしまって無駄にするマスクがあるんです」なんて言われるともったいなく感じてしまうんです。

外出時は、隙間ができないようにするのは必要だと思いますが、家にいる時に保湿する分にはとりあえずマスクをしているだけでも違います!

是非ともお手持ちのマスクをフル活用してみてください♪



2017年3月13日(月)
●だんだんと暖かい日が増えてきましたね。
皆さまお久しぶりです。
栃木ウェルフェアサービス 高井です。

だんだんと暖かい日が増えてきましたね。
ポカポカの良い天気だと気分も変わりなんだか元気がでてくる気がします。
我が家の猫達もポカポカは大好きです。

ポカポカ暖かい日、我が家にはカギ師が出現します!猫ですけど。

三毛猫の彼女は、玄関も窓もありとあらゆる引き戸を開ける達人です。
もちろん大好きな押入れも。
我が家はキッチリ鍵を閉めておかないと後が大変です。

以前、二匹で脱走をはかり半日行方不明になりました。
心配でたまらない人間をよそに茶トラ猫は近所の畑から真っ黒な姿で現れ、臆病な三毛猫は得意顔でゆうゆうと帰ってきました。
大嫌いなお風呂に入れられ、反省したと思いきや翌日にはいつも通りのカギ師にもどっていました。
我が家の場合、家の中のカギ師にも注意なのですが、最近は空き巣も流行っているとか、戸締りはお忘れなく。

季節の変わり目、体調が変化しやすい時でもあります。
皆様くれぐれもご自愛ください。



2017年2月1日(水)
●先日患者さんと食べ物の話をしていて、お餅の話になりました。
鹿沼市、旧西方町など宇都宮とやや西側を訪問している菅野です。

先日患者さんと食べ物の話をしていて、お餅の話になりました。

私が生まれ育った地域では豆餅と言えば砂糖、青のり、そして生の落花生が入ったものが豆餅だった話
をするととても驚かれました。
旧西方町では大豆が主流で、鹿沼市では黒大豆も、青豆もあるということが分かりました。
そしてみなさん、生落花生の入った豆餅にはびっくりしていました。

食べることは生きることですね。
皆さん未知の食べ物の話になると生き生きしますね♪
「ほら食べて!」よりも
「何食べたい?昔お母さんが作ってくれたニラ玉おじやを私が作ろうか?」
なんていう方が昔の記憶とつながって食欲もわくかもしれませんね。



2017年1月18日(水)
●本年も宜しくお願い致します。
みなさんお久しぶりです。
栃木ウェルフェアサービス高井です。
本年も宜しくお願い致します。

寒い日が続きますが、我が家の愛猫達はそれぞれのお気にいりの場所で暖をとり元気にすごしています。
私はというと、モフモフの冬毛を触りながら癒される日々です。
しかし、喜ぶ私とは反対にモコモコの冬毛に猫達は少し迷惑そうです。

特に茶トラの彼は毛玉を出せず毎日辛い日々です。
普通は吐き出せるのですが、彼は毛玉は全部飲みこんでしまうので毛玉がお腹にたまるらしいのです。

人間でいうところの便秘状態…。
私が帰宅すると待ってましたとばかりに、お腹を見せて早くマッサージしてアピールです。
人間同様、お腹のかたい部分をゆっくり円を描くようにマッサージすると何時にもまして上機嫌で走りまわります。

ちなみに三毛猫の彼女は大好きな猫草に舌鼓をうつ今日この頃です。

女性はやはり食物繊維が一番のようですね。
寒くなるとつい水分をとる量が少なくなりがちですが、ストーブ・こたつ・電気毛布など身体から水分は蒸発してしいます。
気が付いたらこまめな水分摂取をおススメします。

寒い冬 皆様、御自愛下さい。



2016年12月21日(水)
●ある日ふらっと庭に現れたさすらいの野良猫
みなさんこんにちは。
栃木ウェルフェアサービス高井です。

今回は、もう一匹の茶トラについてお話しますね。
彼は、ある日ふらっと庭に現れたさすらいの野良猫でした。
庭に遊びに来ていたある夏、自宅前で事故にあい下半身麻痺になってしまいました。
二度と野良猫生活を送れなくなった彼を我が家の家族に迎えることにしました。

獣医さん曰く「猫の回復力は未知数なので奇跡がおこる可能性は十分ある」とのことでした。

退院後、自宅でのマッサージ、投薬、病院でのレーザー治療を続けた結果、数週間後には立ち上がれるようになり、数ヵ月後にはゆっくり歩けるようになり、現在は走れるまでに回復しました。

現在は元気な彼ですが、この時期は寒さで痛みが出るらしく色々試行錯誤をした結果、犬用の毛布地ベストを着せることにしました。
最初こそ着るのを嫌がっていた彼ですが、ベストを着ると痛みが緩和されるようで現在は大のお気に入りです。

寒い冬、私たちもお腹や腰を腹巻きなどで温めて冷えに気を付けたいものですね。



2016年12月21日(水)
●ある日ふらっと庭に現れたさすらいの野良猫
みなさんこんにちは。
栃木ウェルフェアサービス高井です。

今回は、もう一匹の茶トラについてお話しますね。
彼は、ある日ふらっと庭に現れたさすらいの野良猫でした。
庭に遊びに来ていたある夏、自宅前で事故にあい下半身麻痺になってしまいました。
二度と野良猫生活を送れなくなった彼を我が家の家族に迎えることにしました。

獣医さん曰く「猫の回復力は未知数なので奇跡がおこる可能性は十分ある」とのことでした。

退院後、自宅でのマッサージ、投薬、病院でのレーザー治療を続けた結果、数週間後には立ち上がれるようになり、数ヵ月後にはゆっくり歩けるようになり、現在は走れるまでに回復しました。

現在は元気な彼ですが、この時期は寒さで痛みが出るらしく色々試行錯誤をした結果、犬用の毛布地ベストを着せることにしました。
最初こそ着るのを嫌がっていた彼ですが、ベストを着ると痛みが緩和されるようで現在は大のお気に入りです。

寒い冬、私たちもお腹や腰を腹巻きなどで温めて冷えに気を付けたいものですね。



2016年12月01日(木)
●風邪の流行る時期になりましたね。
こんにちは。
栃木ウェルエアサービスの高井です。

風邪の流行る時期になりましたね。
先日私もインフルエンザの予防接種を受けてきました。

ということは、我が家の猫達も年に一度の予防接種の時期になったということです。

この時期、ケイジを出すと猫たちはいっせいに部屋の中を逃げまわります。
そんな時のとっておきが、昼寝中にそっと捕まえるです。
彼らが気付いた時には、ケイジに入れられ車の中です。

寝ぼけ眼から覚めると、いっせいに文句の嵐…。
なんだかとても悪い事をしたような気分になるくらい彼らのもんくは凄まじいです。

でも、ずっと元気でいて欲しいので今日もめげずに動物病院へレッツゴー。
帰ったら特別に美味しい缶詰を用意してしまう…。
そんな私です。

みなさまも風邪などひかぬようくれぐれもご自愛ください。


2016年11月09日(水)
●みなさん、はじめまして。栃木ウェルフェアサービスの高井です。
みなさん、はじめまして。
栃木ウェルフェアサービスの高井です。
毎日の寒いですね。

寒さを感じるのは人間だけじゃなく動物も同じようです。
我が家には猫ブームが来る以前から二匹の猫がいます。
今日は我が家の姫、三毛猫を紹介します。

彼女は生後2週間で育児放棄をされ衰弱しているところを保護され、我が家の家族になりました。
性格は、極度の人見知り、極度の潔癖症、そして猫なのになぜか冷え性。
もし家猫になれなかったら…。考えただけでも恐ろしいです。

保護猫の彼女は体のいたる所に病気が隠れていましたが、寒くなるこの時期は特に股関節が痛むらしく、毎年数日は必ず脚を引きずります。

こんなときは、腰から股関節に軽いマッサージを行い、こたつやストーブで温まると元気になります。
この時期、こんな光景が我が家では繰り返されます。

人間同様、動物たちもこの寒さは体にこたえるようです。

昔は絶対的犬派だった私ですが、一緒に暮らしてみると猫との心地よい距離感がたまらず、すっかり猫に心を奪われてしまいました。

もしよろしければ、時々我が家の愛猫のエピソードに御付き合いくださいませ。

また高井への訪問マッサージのご相談はどうぞお気軽に。
猫好きの方も犬好きの方もそうでない方も精一杯施術させていただきます。


2016年10月27日(木)
●マッサージ、はり・きゅう治療の養療費不正請求9億円という記事
平成28年10月26日の下野新聞の2面に大きく「マッサージ、はり・きゅう治療の養療費不正請求9億円」という記事がありました。

栃木県でも5年半の間に113件、約490万円の不適切な請求があったという事でとても残念です。

ある方のお話では、1回500円で近所中を回っている業者がいるという話を耳にしたことがありますが、近所を回る場合に500円の自己負担というのは、色々と試算しましたが計算上難しいです。

他にも、訪問マッサージ業者の営業の人が来て、今まで行ったことのない病院に連れて行かれ、初めて見る先生に同意書を書いてもらい、また家まで送ってくれるという所もあるそうです。

栃木ウェルフェアサービスでは、同意書を書いてくれるだけの先生はおりませんし、ご紹介もしておりません。

それぞれ皆さんが心や体を見ていただいている先生が主治医の先生です。

しかしながら主治医の先生が今までの経過を見て、訪問マッサージを必要とみなす場合に同意書を書くわけですが、ここが最終的なハードルになってしまう方もいるのは事実です。

全てではありませんが、そこに今回の不正請求問題の一因があったのではないかな?と思います。

高齢者がどんどん増えていく状況下で、介護保険の対象から外れてしまい、お困りの方の所に訪問してマッサージができない、そのハードルが同業者であるという事は非常に悲しいです。

本日も新たなお問い合わせがあり、「介護保険の対象にはちょっとまだという状況なので、(健康保険で受けられる)訪問マッサージがちょうどいいと思ったんです」と言っていただき、スケジュールを考えているところです。

個人情報になるので細やかにどこの家からどこの家に移動です!とは言えませんが、患者さんや患者さんのご家族に「今からどこに行くの?」「どこから来たの?」など大まかな移動につきましてはお答えさせていただいておりますので、「ちょっと気になるな!」と思う方は、担当スタッフに遠慮なく聞いてみてください。


2016年10月11日(火)
●「足がどこも全然つらなくなったのよ!!」

患者さんの中に人工透析に通われている方で、訪問マッサージを利用スタートして頂いた方がいます。

その方はスタートから1週間で体に変化があり
「先生さすってるだ~けで他は何にもしないのに、足がどこも全然つらなくなったのよ!!」

2週間で
「20年以上飲んでいた血圧の薬を今度止めるくらい安定しているのよ!」
「エラーのピーピーがマッサージをしてもらうようになって鳴らなくなったの!」

と、身体の変化が大きくて、同意書を書いてくださった主治医の先生と、施術側である私がびっくりしているくらいの方もいます。

「さすっているだけなんですけど、一応そのさすってる中でのルートがあって、そのルートの中での変化がこの手にはあるんですよ~」と説明すると「先生の手は魔法の手ね?」なんて言われて久々照れてしまいました。

この方は現在透析中に「隣のベッドの方とのおしゃべりを楽しむゆとりさえも出た」と、とても喜んでいます。
このような変化は私たちもご家族と共にとてもうれしいものです。


2016年10月04日(月)
●「足がつる」という事に悩まされ始める時期

みなさん夏が終わり一気に秋になると、「足がつる」という事に悩まされ始める時期かな?と思います。

私も恥ずかしながら例外ではなく、時々足がつることがあります。

血行不良や冷え、運動不足・運動しすぎ、水分不足やカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの不足などなど。

お布団から足が出てしまうと冷えて血行不良で足がつってしまうことも多いので、私はパジャマのズボンの下にゆるいレッグウォーマーをはいて寝ています。


2016年9月15日(木)
●ためしにやってほしいんだよ!という声

訪問マッサージに来てもらうのは楽でいいけど、どんなもんだか一回ためしにやってほしいんだよ!という声がきっとたくさんあるんだろうなと思います。

ご高齢な方が多く、体調も皆さんさまざまで変化にも個人差が大きいです。

同意期間が3ヶ月の方は3ヶ月間、1ヶ月の方は1ヶ月、一度スケジュールを組んで試しにやってみて、体調の変化を感じられなかったら同意期間1クールでやめてみるというのはいかがでしょうか?


2016年8月1日(月)
●8月1日は釜の蓋ですね。

今日は8月1日は釜の蓋ですね。

かまのふただなんて知らない方も大勢いるかと思います。
私も患者さんから教わって知っているだけです。

8月1日は地獄の釜の蓋が開けられてお盆までの13日かけて仏様がお墓まで歩いて帰って来るのにお腹が空かないようにと炭酸まんじゅうを仏壇にお供えしてお盆を待つという風習で、みなさん今日はあちこちで炭酸まんじゅうを蒸かしているかと思います。

おばあちゃんの作る炭酸まんじゅうにはいろんな思いが詰まっているんだろうなと思い、お饅頭を頬張ります。

暑い日々で熱中症のニュースもよく耳にするようになってきました。
塩分と水分とエアコン等をうまく活用してできるだけ元気に夏を乗り切りましょう。

尚お盆期間中もお問い合わせ等には対応させていただきますのでお気軽にお電話ください。


2016年7月7日(木)
●お気軽にフリーダイヤルでお電話をいただければと思います。

良くいただく質問に「おいくらですか?」があります。

ご利用いただくにあたって大切なことなので簡単に説明できればと思うのですが、私の説明不足もあるのだと思うのですが、表も見にくくて申し訳ございません。

まずは保険証の負担割合をご覧ください。

1割の方であれば578円以下
2割の方であれば1156円以下
3割の方であれば1734円以下となります。

※障害1級2級をお持ちの方は申請書をお出しになれば(担当施術者がお持ちします)後日返金となります。
そしてとてもよくいただく質問に「交通費はおいくらですか?」がありますが、こちらは上記の金額に含まれておりますので追加でかかることはありません。

分からないことがございましたらお気軽にフリーダイヤルでお電話をいただければと思います。
その際、携帯電話に転送になっていますが、電話に出られないことがあります。
出ることができない場合には、携帯電話からの折り返しのお電話になることをご了承ください。


2016年5月9日(月)
●ケアマネージャーの皆さんへ

各介護事業所のみなさん、初めまして!栃木ウェルフェアサービスの菅野です。

いくつかの介護事業所のみなさん、お久しぶりです栃木ウェルフェアサービスの菅野です。


時々電話で数回聞き返される【栃木ウェルフェアサービス】。
これは、電話に出る私も実は言いにくいのですがスタッフのみんなの思い出の詰まった、かつてあった私たちの勤めていた会社の名前で、未練がましくも現在も使わせていただいております。
聞き返された時には「マッサージの菅野です。」と返しております。

私たち栃木ウェルフェアサービスは、訪問マッサージが保険適応になった年から宇都宮市材木町に事務所を構え数多くの患者さんとの出会いと別れを繰り返し今に至っております。

患者さんと御家族と出会い、患者さんと御家族の二人三脚がうまくいくようにお手伝いをさせていただいている感じです。

ある方にはできるだけお話をして、ある方にはほぼ無言で、いずれもご家族とご本人の希望とやる気、私たちマッサージ師との相性なんかも加味して、できるだけ安心と笑顔のあるご自宅での生活を応援させていただければな~と思っています。

「あ、ウェルフェアさんに電話しよう!!」と思ってくれている方もいれば「今まで使ったことないし、わざわざ頼んでトラブルとかは嫌なんだよね~」と思う方もたくさんいるかもしれません。

私だって知らないところの知らない方にわざわざ電話をするのはちょっとドキドキします。

どのような手順で訪問マッサージをスタートさせるかと申しますと・・・

1・同意書を主治医の先生に書いていただく
→初回の同意書の記入はご本人が病院を受診して(もしくは訪問診療を受け)頂きます。
今の体の状態を看ていただかずに「△△な状態だから訪問マッサージを受けたいと思っています、先生はどう思いますか?」とはいきませんので、ご本人の体を看ていただいて「どう思いますか?」とお伺いし「やってみたら!」というのが同意を得るとなります。
書いてくれる、書いてくれないというのは主治医の先生のご判断となりますので我々は待つのみです。

その2・お伺いできる曜日と時間のマッチング
週、時間単位でスケジュールを組みますのでケアプランと同じイメージで問題ございません。
月に1回ショートステイに行く方もおりますし、家族旅行の計画だって出てくるかもしれませんし、急に入院することもどうしてもありますよね。

そのような時にはご家族から口頭でも電話でもメモ書きででもご連絡をいただくことにしています。

その3・基本情報をいただく
ケアマネージャーさんのみなさんにお願いすることは主にこちらとなるのですが、ご家族からの申し出がある場合の基本情報の提供です。
ケアマネージャーさんが時間をかけてご家族や本人と聞き取りをしてくださっているのに改めて「うちは介護ではなく医療ないのでケアマネさんから情報をいただくのは無理ですからお答え願います!」と貴重な時間をもう一度頂くことは心苦しいので、ご家族・ご本人に聞き取りをもう一度するかケアマネージャーさんに基本情報をいただくかを選んでいただき、ご家族・ご本人からケアマネージャーさんに連絡をし、私共が基本情報をいただくという流れとなっております。
基本情報は出来る限り取りにお伺いさせていただいて、お顔を見せることにしております。

と、このようにさせていただいております。
だからって「あらそう!じゃ」とならないのは重々承知ですので,もし気になることがありましたら、お問い合わせいただき「あら良いわね!」と思っていただけたらばぜひともご利用いただければと思います。


2016年4月26日(火)
●話が弾んだ時は

田んぼに水が入り、緑が楽しみな季節となりました。

ご家族の皆さんは、お父さんやお母さん、目上の方々に、是非とも昔の田植えの話など、いろんな昔話を聞いてみて下さい。

馬や牛の話が出てきたりして話が広がるかもしれません。

そんな話が弾んだ時は、普段寝ている方には、起きているだけでも十分体力を消耗しますので、水分補給が大切です。

楽しく一緒にお茶でも飲んでお過ごし下さい。


2016年2月23日(水)
●先日遅めの新年会を開きました。

仲間と共有する時間はとても楽しくて、みんながどんなことを想い、感じているかがよくわかる時間となりました。

必ず毎回出るのは、以前栃木ウェルフェアサービスが会社組織だったころ、担当が二人制度で交代で訪問させていただいた患者さんの話や、もうお亡くなりになって4年以上もたった患者さんの話。

とにかく患者さんの話が多く出ます。
もうその話たちは、それこそきれいな思い出に変わっていて、まるで過去の素敵な恋愛を語っているかのようです。
でも、本当にその一つ一つの思い出たちが今の私たちを作ってくれていて支えてくれているんだなとしみじみと思います。
きっと10年後も同じ話を10歳 年を重ねたみんなでしていると思います。

そんなことを思いつつ、失敗したのは、新年会の時にスタッフ全員が揃ったのに写真を一枚も撮らなかったということです。
プロフィールの写真よりもいい写真が絶対に撮れたと思います。

今は同業者さんの数も多く、大手さんはきっと営業の方がいて営業をしていると思います。
私たちは全員が訪問をしておりまして、営業担当もいませんし、私がこうやってホームページにつたない「つぶやき」を書いてみたり、お電話をいただけばお電話の先の方とお話をしたりするくらいで、営業の仕事をしたこともない私は(おそらくスタッフ全員です)営業の方法なるものも分かりません。

それでもありがたいことにホームページをご家族の方が見て下さり、お問い合わせをいただいた新規の患者さんや、チラシを見てくれた新規の患者さんがいて、ケアマネさんからの紹介での新規の患者さんがいて、もちろん中には旅立つ患者さんもいて、涙を流し、出会いと別れを繰り返す日々を過ごしております。

きっと、知らない人に電話で問い合わせをするのは、いくらフリーダイヤルでもその後の勧誘が怖いとか、いろいろな事情でなかなかできないかもしれませんが、気になることがありましたら是非お電話ください。

再度お電話を頂いた時のために電話番号の登録はさせていただいておりますが「その後いかがなさってますか~?」のお電話は私共からはしておりません。
もちろん心の中では「どうしているかな?」と思っています。

栃木ウェルフェアサービスには「お気軽に♪」


2015年10月2日(金)

●無料体験マッサージについて
主治医の同意書のある方に限り、初回無料体験マッサージを行います。
「どんなマッサージをするの?」「手続きは?」「費用は?」という患者様の疑問に答えるために、初回に限り、無料体験マッサージを受けていただけるように致しました。

主治医の同意書のある方に限り、2015年12月25日(金)で一旦締め切らせて頂きますので、ご検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。


2015年7月15日(水)
●無料お試しマッサージのお問合せについて

最近、多いお問い合わせが、

「無料でお試しのマッサージはしていただけますか?」

「他と比較したいんですけど無料でお試しはないですか?」


というお問い合わせです。

必要箇所がどこなのかを判断してくださるのはあくまでも普段から患者さんのことを看てくださっている主治医の先生です。

「肩が凝ってるから肩揉んで!もっと強く!!」とはいかないのです。

基本的に他社を利用されていて変更したい方、既にインターネットから同意書を印刷して主治医の先生からの記載があるなど、同意書提示のある方に関しましては初回無料でも結構ですが、とにかく医師の判断を優先させていただきたいというお話をさせていただいています。
また、継続して在宅マッサージを利用いただくには同意書を三ヶ月に一度主治医の先生に発行していただくこととなりますが、通院とのタイミンクがあわない方、通院の際に同意書を持って行くのを忘れてしまった場合等は担当スタッフに申し出ていただければ代行して取りに行きますのでご安心ください。


2015年5月25日(月)
●つぶやき。

先日、お問い合わせの電話を一軒いただきました。
なかなか珍しい同業からのお問い合わせのお電話です。

私は同業者に対して敵意等は持っておりません。
だからといって仲間(社員・スタッフ)をこれ以上増やすことも考えてはおりません。

営業はおかないのか?
どうしたら社員になれますか?
業務委託はしていませんか?

すべて「NO」です。
色々なお話をさせていただきました。
相手の方からは「大変勉強になりましたありがとうございます」と感謝のお言葉をいただきましたが、電話を切り何を考えたかと言いますとやっぱり「ぶれないこと」が大切かなと思いました。

柳の木のようなしなやかさは大切だけど、ぶれてはならないと思いました。
これからも患者さんとご家族に寄り添って柳の木のように心地よく揺れていければと思います。


2015年2月5日(木)
●全スタッフ元気に訪問させていただいております(*'▽'*)
立春を迎え暦の上では春ですが、今週の週間天気予報ではまた雪マークがついております。
また気温も低くく池には厚い氷が毎日張っています。
乾燥もきついこの時期、あちこちでインフルエンザを始め、感染しやすい病気の流行も耳にします。
訪問マッサージに伺うスタッフはもちろんですが、スタッフの家族にインフルエンザ等の感染があった場合にも、患者さんにはご迷惑をおかけしますが訪問をお休みさせていただくことにしております。
現段階では全スタッフ元気に訪問させていただいております(*'▽'*)

2015年1月16日(金)
●患者様からの声をご紹介いたします。
謹んで新年のお祝詞をもうしあげます。旧年中は色々とお世話様になりました。おかげ様にてだいぶ体調もととのい、痛みもなく元気になってきました。貴女のやさしさと楽しいお話、マッサージ、私にとってありがたかったです。これからも苦しんでいらっしゃる多くの人達のために光を与えて下さい。そして貴女も元気でいられます様に心からおいのり申し上げます。
謹んで新年のお祝詞をもうしあげます。
旧年中は色々とお世話様になりました。
おかげ様にてだいぶ体調もととのい、痛みもなく元気になってきました。
貴女のやさしさと楽しいお話、マッサージ、私にとってありがたかったです。
これからも苦しんでいらっしゃる多くの人達のために光を与えて下さい。
そして貴女も元気でいられます様に心からおいのり申し上げます。
こちらは、訪問マッサージを半年間受け状態が良くなり、2014年の春には訪問マッサージにかかっていた時間を他のことに有効活用できるようになった方からの声です。

ものすごく周囲に優しくて、ご家族のことを大切にして、ご家族の仕事にも子育てにも、全てにおいて自分に出来ることは協力していきたいという強い意志のある方です。
大病を患い、入院中にお問い合わせ下さり、同意書をお届けして主治医の先生に書いていただき、退院後「自宅での生活に慣れてはきたけど、通院以外に出て歩ける状態ではないので(マッサージに)来ていただきたい」とのことで、訪問マッサージ開始となりました。
事前にご予定を聞いて通院の時は訪問マッサージはお休みにして調整していました。

入院中のご家族の退院後に不安のある方からのお問い合わせについてもお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


2015年1月1日(木)
●新しい年を迎えることができ、心からお喜び申し上げます。
新しい年を迎えることができ、心からお喜び申し上げます。
たくさんの出会いと少しの別れを繰り返して毎日を過ごすことができて学ぶことがとても多く、未熟ゆえの心配事も多い日々ですが、本年もよろしくお願いいたします。
在宅マッサージ事業として栃木ウェルフェアサービスの屋号を使い事務所を構えてから14年間、この間には悲喜こもごもございましたが、スタッフ一同今年が一番いい年であるように、今年が皆様の希望と気持ちに一番寄り添うことができるようにしていけたらと思っております。
寒さの厳しい毎日ですが昔ながらの門松を見つけて写真を撮らせていただきました。
よく見てみると、なんだか笑顔の三人に見えてきました!皆さんにもこんな笑顔がありますように。

2014年12月17日(水)
●感謝しても感謝しきれない

私はここ10年以上育児をしています。育児をすることは、育児をし続けることで仕事との両立は簡単ではありませんでした。
今となっては私が必要とされなくなる日が近いような感じです。
そんな中、並行して多くの患者さんとの出会いがあり別れがありました。
育児経験者である患者さんや患者さんのご家族に「今が一番いいときよ~」と言っていただくことで体の中から育児ストレスがす~~~~っと抜けていくのです。
10年以上もの間「一番いい今」が続いてくれているのも患者さんや患者さんのご家族のおかげです。
他の育児をしている方よりもストレスがものすごく軽かったのは間違いなく皆さんのおかげです。
「今日はいつもとお変わりないですか?」とお声かけをすると「私はお変わりなしよ~、あなたのお子さん逹は?」とまるでひ孫のように私の子供たちを気にかけてくれて、温かく私の子育てを褒めてくれた方。
極寒の中、その方のお庭に咲いていたふんわりとした色のクリスマスローズ。
クリスマスローズの花の咲くこの時期になると毎年あの優しい笑顔を思い出します。


2014年12月10日(水)
●水分摂取のむずかしさについて

この時期多い問題の一つにお手洗い問題からの脱水症があるかと思います。
介護を受ける側になった皆さんが「トイレが近くなると悪いから」と水分を自主規制してしまっていることがあることは介護なさる側の皆さんもご存知かと思います。
お手洗いに一緒について行ってもらわなくてはならないから悪い、おむつを替えてもらわないといけないから悪いそんな風に家族のことを想う気持ちにジンときます。
私は「お手洗いに行くことは仕事だと思って、どんどん飲んで・どんどん出して、悪いものは出して新しいからだになりましょう。」と声掛けをします。
脱水症の特徴のひとつは意識レベルが低下することで、ウトウトした傾眠状態から、うわごとを言ったり、せん妄や幻覚等の精神症状が現れたりすることがあります。
そのため、認知症の症状が進行したと誤解されることもあります。
発見が遅れると、昏睡状態から亡くなってしまうこともあるので、十分な注意が必要です。
※心臓や腎臓の疾患がある場合には主治医の先生からの水分制限の指示は厳守です。


2014年12月1日(月)
●寒さ対策について

毎日朝晩冷え込みがきつくなってきました。
寒さ対策で私が大切にしているのが首、手首、足首の3つの首を冷やさないようにすること。
これは起きていても寝ていても同じです。
お布団にもぐって寝ていてもいつの間にか足が出ていたり首元は特にV字の切込みが入っている場合はきわめて少なくタオルをマフラーのように巻いて寝ることもおすすめです。
手首も今は親指だけが出せるようになっている長袖もあるようなのでご活用いただくと冷え対策になるかと思います。


訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)は、どうすれば受けられるの?
訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)は、保険使用の条件として、必ず主治医の先生の発行する同意書が必要となります。
同意書の様式は、こちらからダウンロードできます。またご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)を受けるための同意書のダウンロードはこちら 健康保険が使える訪問マッサージ栃木ウェルフェアサービスへのお問い合わせはお気軽に!フリーダイヤル0120-639-133電話028-647-1231電話受付時間8:00~20:00土・日・祝休 〒320-0855 栃木県 宇都宮市上欠町1231-121

「私はどうかしら?」、「あの人にどうだろう?」と思ったら、ぜひ一度お問合せ下さい。
訪問マッサージ(訪問リハビリマッサージ)の栃木ウェルフェアサービス 菅野 民子(宇都宮市 西店・リンパ浮腫療法士 たくさん思い出の詰まったご自宅にずっといたいという気持ち・想いは多かれ少なかれ誰もがお持ちかと思います。私達はお家で過ごす皆さんのゆったりとした癒しの時間にも、頑張るべき運動の時間にもおつきあいしたいと思っています。
皆さんのお話も聞きます、お話もします。時々は人生の先輩方に困り事の相談をすることもあります(笑)。
基本的に私たちがするのはマッサージです。たかがマッサージされどマッサージ。今まで出会って頂いた多くの方々に心から感謝申し上げます。そしてこれから出会う方々との出会いにわくわくしています。
栃木ウェルフェアサービス
菅野 民子

ケアマネージャーの皆さんへ
ある事業所のケアマネさんから「栃木ウェルフェアサービスさんはこちらの地域だと遠いから~(利用者さんの負担が大きくなってしまう)」との言葉を聞き、私共の説明不足を痛感しました。
代表事務所としての登録は上欠町になっておりますが、宇都宮市上欠町以外に個人の登録が、
「宇都宮市宝木本町」、「宇都宮市五代」、「宇都宮市御幸本町」、「宇都宮市平松本町」、「高根沢町宝積寺」となっておりますので、 強いご希望がない限りは一番近いスタッフでスケジュール調整をさせていただいております。
また、できる限り移動距離が近い(すなわち安い)ように手配をさせていただいております。
ご夫婦でマッサージを受けたいという場合にも対応させていただきます。
ご夫婦で施術を受ける場合は往療料は交互に全額をおひとりだけ負担の計算となります。
介護保険の訪問リハビリが3か月で打ち切りとなってしまうことでお困りの方々もたくさんおられると思いますので、何かありましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。

サービス対応地域
宇都宮市、壬生町、下野市、上三川町、鹿沼市、高根沢町
※対応エリアにない地域でも対応可能な場合や、一部対応出来ない場合もございますので、まずはお気軽にご相談下さい。